Work Flow

お問い合わせ

メールまたはお電話にてご連絡ください。(要予約)
ご来店の日程を調整致します。
工房の雰囲気を感じていただきながら、
ご質問・ご相談にお気軽にいらして下さい。

ご来店

オーダーメイドシューズを作るにあたっての流れをご説明させていただきます。
このとき、できるだけたくさんの会話を交わしましょう。
足についてのご相談はもちろん、
何気ない趣味の話、音楽の話、お仕事の話…、
どんな些細な会話でもいいと思います。
お互いを知るということが、
オーダーメイドシューズを創る際にとても大切な要素となります。
お互いがオーダーメイドシューズを作る事をイメージできたとき、
二人にしか創ることができない靴を生み出すことができると考えています。

足型採寸

骨格の構成、関節の可動範囲などを考慮して、
左右それぞれの足の形状を採寸していきます。
(※採寸の際はいつも履かれている厚さのソックスをご持参ください。)
足っていうものは人によってそれぞれ、
筋肉の付き方もそうですし、
関節の柔らかさも全然違うものです。
つまり靴の木型とは足そのもののカタチというわけではなく
履いたときにストレスなく足を包み、
足をサポートしてくれる寸法で設計された足型が
あなたにとっての靴の木型となります。
お客様特有の足の特徴をしっかりチェックし、
寸法を読んでいくことがとても大切なことなのです。
足型の個性とは面白いもので、木型が完成に近づくとき、
必ずその人らしい表情になってくるものです。

デザイン・仕様の検討

どういったシーンで履くのか?
どういった用途で使うことを考えているのか?
思い描かれているイメージを聞かせていただくことで
どのようなスタイルが良いのか、
どのような仕様が適しているのかを話し合い、
デザインに落とし込んでいきます。
Shoe Scapeでは必ずあなたのためのデザインを描いています。
シンプルなペン画ではありますが、
せっかくのオーダーメイドシューズを創った機会に
靴と共にデザイン画も記念となればと思っています。
デザイン画は採寸・デザインの打ち合わせで話した内容から
イメージを膨らませ、描かせていただきます。
少しお時間をいただきますが、どのようなデザインが上がってくるか
楽しんでいただく時間としていただければと思います。

素材の検討

革サンプル帳の中からお好みの革、色を選んでいただきます。
アッパー素材はドレスシューズに適したフレンチカーフから
カジュアルに適した風合いの良いイタリアンレザー、
またワークブーツに最適なオイルドレザーまで取り揃えています。
底材では革底はもちろん、タウンからハードなラバーソールまで
用途に合わせて選択することができます。
また、革底はコバ(靴底の断面のこと)や底面も色々な仕様があります。
オーソドックスな角コバから丸コバ、ヤハズコバなど
コバひとつで変わる靴の表情を楽しんでいただけたらと思います。
底面も生地仕上げからカラス(底面が色付けされた仕様)、半カラスなどあり、
当工房が揃える飾りの中から様々な模様を選べます。
普段は見えない底面を遊ぶのも、
オーダーメイドシューズならではの楽しみかと思います。

お見積もり

選んでいただいたデザイン・仕様、素材によりお見積もり致します。
【例】 基本価格:¥250,000(税抜き) ※シューツリー別
ヤハズコバ仕様:+¥5,000(税抜き)
ライトアングルステッチ:+¥20,000(税抜き)
【合計価格】:¥275,000(税抜き)
ここでご契約成立となり、お見積もり金額の半金のお支払いをしていただきます。
(※お支払いは現金かお振込でお願い致します。)
【option price listはこちら】

仮フィッティングまでに行われる作業

採寸したデータを元に左右それぞれの木型を制作します。
お客様の足の特徴をしっかり木型に落とし込むことで
お客様にとってより快適な木型を追求します。
足当たりなどを考慮しながら、木型にデザインを乗せていきます。
立体として構成されたデザインを平面に落とし込み、パターンを設計します。
製甲、吊り込み、すくい縫いまでの作業工程を経て
仮フィッティングシューズができあがります。
Shoe Scapeでは本制作の靴と足入れの差がでにくいように
本制作で使う革と同じもの(色は異なることがあります)を使って
仮フィッティングシューズを制作します。
また仮フィッティングシューズで、すくい縫いまでかけることも
より最終的な足入れに近づくことにつながると考えています。
(※オーダーをいただいてから約2ヶ月の期間がかかります。)

仮フィッティング

仮フィッティングシューズを履いていただき、
フィッティングをチェックします。
このとき当たりのある箇所や、ゆるい箇所を再検討することで
本制作の木型に反映し、より良いフィッティングにつなげることができます。
(※仮フィッティング1回目は基本料金にふくまれています。
2回目からは追加料金が必要となります。)
仮フィッティングチェックの終了後、本制作に入ります。
ここで残りの半金のお支払いをしていただきます。

本制作において行われる作業

仮フィッティングチェックのデータから木型を再調整し、
パターンを修正していきます。
製甲、吊り込み、すくい縫い、だし縫い、踵積み、仕上げ
などの様々な工程を経て
オーダーメイドシューズは出来上がります。
(※仮フィッティングから約2ヶ月の期間がかかります。)

納品

ご来店いただき、フィッテングをチェックして、
オーダーメイドシューズの受け渡しとなります。
Shoe Scapeでは完成した靴を毎回撮影しています。
私なりの思いを込めて撮った、あなたの靴のShoe Scape【靴景観】を
お楽しみいたればと思っています。
メンテナンスをして長く使っていただく靴です。
Shoe Scapeとあなたにとって
これからも続いていく、また新たな付き合いの始まりでもあります。

デザインサンプル

Shoe Scapeの応接室は趣味にあふれた空間です。

デザインサンプル

資料を見ながらデザイン・イメージを構築していきます。

革サンプル

サンプル帳からアッパー素材を検討します。

底材サンプル

靴の用途に合わせて、革底、ゴム底等、底材仕様の検討します。

革底の詳細仕様

革底の底面、詳細仕様(例:半カラス)

デザイン画

打ち合わせよりイメージを膨らませ、お客様へのデザイン画を描きます。

仮フィッティング

仮履きによるフィッティング、ラインの考慮

完成・撮影

完成・撮影

工房のれん